置き換えダイエットと筋肉トレーニングで医療に貢献

ダイエットがブームとなっている現代においてはその実現のための方法が多数開発されてきています。置き換えダイエットはその基本的なアプローチの一つであり、朝昼晩の食事の一つを比較的カロリーの少ない食事に置き換えすることによってトータルの摂取カロリーを減らすということがコンセプトになっています。古くから知られているリンゴを用いる方法は現代でも行われていますが、それに加えてグリーンスムージーやフルーツグラノーラによる置き換えも頻繁に行われるようになってきました。リンゴダイエットでは栄養が偏ってしまうことが問題とされてきましたが、グリーンスムージーやフルーツグラノーラを食べることでビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に摂取できるということが魅力とされています。しかし、置き換えダイエットをしていると筋肉が減ってしまい、ダイエットをやめた途端にリバウンドを起こすことも多々あります。カロリー摂取量を大幅に減らすことになりがちで、不足を補うために筋肉をエネルギーとして使ってしまうからであり、リバウンドを防止するためには筋肉トレーニングも並行して行い、タンパク質をよく摂取することも必要となります。こういったダイエットは医療面にも大きな貢献があります。現代社会においては医療費の削減が一つの課題として掲げられており、その高騰をもたらしているのが生活習慣病です。その一つとして代表的なのが肥満であり、それを防止したり、解消したりする手段としてダイエットが役立ちます。ダイエットが流行することで肥満の人が減るとそれだけ生活習慣病に悩まされる人が減り、医療費の削減につながっていくことになります。正しいダイエットを行っていくことは世の中のためになるのです。