医療器具と旅行について

医療器具などを、旅行に持っていかなければならないケースというものがあります。

これは、たとえば、重い糖尿病の患者さんの場合に、駐車でインスリンを体に、毎日投与する必要があるからであり、医療機関から、そのような指示をされているケースなどです。

旅行先では、ついつい、旅の楽しさから、そのような器具を持っていくことを忘れてしまうケースがありますが、たとえばこのような糖尿病のようなケースであれば、医療器具として、注射器と処方されたインスリンなどがなければ、体力や体にとても大きな悪影響をおよぼしてしまいます。

旅行先に、このような器具が売っているケースは、なかなか地元の人でないと分からないものですし、実際に、気づいた時間が夜中などであった場合には、対処がとても難しい問題です。

そのため、旅行などに行く際には、医療機関で出された、注射器などの医療用の器具などを、しっかりと忘れないように、また壊れないように念入りに準備をしておくことが必要です。

また、飲み会など、家族以外の人と旅行に行くと、宴会などでそのような投与を忘れてしまうこともありますから、十分に注意が必要です。

また、お薬や投与されている医療器具の中身との相性もあるため、食べ合わせやお酒には、十分に注意をしなければなりません。

旅行はとても楽しいものですし、運動にもなるため、とても素敵なものです。

このような楽しい旅行をずっと楽しむためにも、医療機関で出された器具などは忘れないように、しっかりとあらかじめ準備を行い、旅行にそなえておくことが必要です。

また、投与される薬などに予備などがなく、紛失などが心配な場合には、あらかじめ、医療機関に相談しておくことも1つの手です。