成人病は40代前後から60代の人達を指し、主に脳卒中や心臓病などに加え現代社会ではファストフードやコンビニの普及からカロリーや糖質の高い食べ物で高血圧や糖尿病など急激に増えてきています。現在では生活習慣病などと呼ばれています。

全世代の人達は成人病を気をつけよう

成人病を防ぐお酒とブラックコーヒーの飲み方

お酒は適量ならば血行を促進するので悪玉コレステロールが血管壁に付着するのを防げます。結果として動脈硬化を防げ、さらにコミニュケーションに一部として人間関係が円滑になりやすいので、ストレス対策にも有効です。しかし多くの人はお酒を飲み過ぎることで、肝障害や高血圧症、膵炎などの成人病を引き起こしてしまいます。お避けの飲み過ぎは脳にも影響を及ぼし、前頭葉の障害になりやすいです。前頭葉はやる気や性格、感情、理性を司る場所で、場合によってはアルツハイマー性認知症になってしまいます。お酒で成人病にならないためには、日本酒は1合でビールは大瓶1本、ワインは2杯、焼酎は0.6合までに抑えます。アルコールを日本酒換算で3合摂取すると、処理をするのに9時間かかるとされます。翌朝までアルコールが残るだけでなく、寝ている時でも肝臓が活動しなければならず負担になります。1週間に2日~3日は休肝日を設けることが大切です。またブラックコーヒーを飲む人は、成人病になりにくいという研究があります。ブラックコーヒーに含まれているクロロゲン酸はポリフェノールの一種で、体が酸化するのを防ぎます。コレステロール値は減少するため血栓が作られにくくなり、ガンも予防できます。ポリフェノールは赤ワインにも多く含まれていますが、1日3杯飲むことで同じくらい摂取できます。ミルクや砂糖が入っていれば3杯飲むのは多すぎですが、ブラックコーヒーならば糖尿病の心配はありません。ブラックコーヒーを飲むのにおすすめの時間が午前9時以降です。人は朝起きた時に覚醒ホルモンを出しますが、午前9時以上から少なくなって疲れやすくなるので、ブラックコーヒーで元気になります。

  • 現代日本人の死因の上位を占めるものが成人病です。 これはガンや糖尿病などの総称で、生活習慣病とも呼ばれています。 成人病は規則的な生活サイクルやバランスの良い食生活、加えて適切な運動を行うことで、...

  • 社会人になり、年数を重ねるにつれ、「成人病」という言葉は他人事ではなくなってきます。 健康管理は徹底しているから全く心配ない!と断言できる人は、そんなに多くないのが現状でしょう。 日々の仕事での忙...

  • 現代人の多くは、成人病に何かしらの恐怖を抱えて生きていると言っても過言ではないでしょう。 それは誰しもが患う可能性のある病気であり、身近な人間の死因にもなっているからです。 また不規則な生活リズム...

  • 心臓病や脳卒中などはかつて成人病と呼ばれ、恐れられていましたが、現在ではそれらに糖尿病や高血圧症、動脈硬化などが合わさり、中高年だけでなく、若い年代にもその症状がみられるようになりました。その原因とし...

  • 代謝が悪くなっていると、間違いなく成人病のリスクを高めます。 代謝が悪い状態というのは、食べ物から摂取したカロリーが効率よく燃えないのです。 体脂肪を蓄積させやすい状態ですから、肥満その他の成人病...