男性が子供を産める?未来医療

医療は日進月歩の勢いで進化を続けており、そこではかつては治療できないような病気も治療できるようになりました。
最先端医療があったからこそ救われたという命も非常に多く、この進歩は高く評価するべきことだと言えるでしょう。
現代の常識をこえた最先端の未来医療研究にはさらに期待が持たれており、昨今特に大きな話題となったのが万能細胞です。
万能細胞というのはあくまでも俗称であり本来は「多能性幹細胞」と呼ぶべきなのですが、ES細胞やiPS細胞は現代の、そしてこれからの医療に対して多大な影響を与えました。
特にiPS細胞を使って拒絶反応の出ない自分の臓器を移植用に作ることができるなどの研究結果は、今後さらなる期待が持たれる分野だと言えるでしょう。
そしてこのiPS細胞の可能性の一つとしてあるのが「男性が子供を産める社会」の実現です。
人間は元々受精卵というたった一つの細胞でしたが、それが分化を繰り返していくと人の体へと成長していくことになります。
これが行われていった末に現在の自分という存在が出てくるわけですが、受精卵の持つ「肉体を構成するために分化する」という機能を人為的に操作することが出来れば、男性のiPS細胞から卵子を作ることが出来るようになるという理屈があるのです。
これが可能になれば、例えば男性同士の同性愛カップルであっても片方の男性の細胞を使ってiPS細胞を作り、そこから人の手で卵子や子宮のような出産に必要な部分を作っていけば男性でも出産できるようになります。
もちろん、現段階の研究ではすぐに可能になるとは言えません。
マウスでの実験では既に成功しているとはいえ、それを人間にそのまま適用させることはできないでしょう。
従って今後数年でいきなり男性が出産できるようになるかと言われるとその可能性は少ないのですが、これから研究が発展していけば可能性は十分あると言えるのです。

医療の進歩、男性同士でも子供が産める?!

近頃、同性カップル新条例案がニュースに取り上げられLGBTの人権問題について話題になっていますが、今度は男性同士のカップルから血の繋がった子供が産めるかもしれないというニュースが世界のマスメディアで話題になっています。
遺伝子医療の進歩によって、ヒトの万能細胞が赤ちゃんを産み出す始原生殖細胞に変わる過程で「SOX17」という遺伝子に大切な役目があることが研究結果で分かっています。
この研究結果によって、安定して赤ちゃんを産み出す始原生殖細胞をつくることができるように医療が進歩しています。
実際に始原生殖細胞から卵子や精子をつくりだすのは、これからの医療の進歩によることにはなりますが、二年後には、始原生殖細胞をつくる技術に利用して赤ちゃんをつくることができると、この研究の第一人者は述べています。
しかし、女性同士のカップルが子供を産むのは、もっと研究を進める必要があるそうです。
なぜかというと、精子をつくるためにはY染色体をつくる必要があるからです。
染色体は、女性がXとXの染色体で、男性がXとYの染色体で構成されています。
現在の遺伝子医療の段階では、まだY染色体を抜き去ることができたとしても、Y染色体をつくって加えることが、まだ不可能です。
もちろん、Y染色体がつくれないという問題だけでなく、現実には代理出産ですら倫理的な問題や、法的な問題が山積みになっています。
様々な問題を解決した上でないと実現化は難しい状況ではありますが、実際に遺伝子の医療現場ではどんどん技術が進んでいて、同性同士のカップルのみならず、不妊に悩んでいる夫婦にとっても、始原生殖細胞をつくる医療技術はとても期待されています。

医療界に最高の助っ人、ガンを見つけるハト

現在、医療技術は、これまでに無いペースで進化を続けています。
そのため、これまでは見つけ出すことができなかったガンも、発見できるようになっています。
しかも、従来は大型の医療機器を利用しなければ、発見にできなかったものが、ハトの力で見つけだせるのです。
ハトの力を借りて、早期発見したガンは、治療薬で治療することができます。
医療機関から処方される治療薬は、様々な飲み方がありますが、最も一般的とされているのが、食後の服用です。
食後というと、幅が広く感じますが、食事が終わった後30分以内を目安に飲むと良いでしょう。
ただし、あまり時間を空けてしまうと、忘れてしまうので、食事を終えたらすぐに飲んでください。
しかし、実は食後と定められていても、食後に飲む必要は無いのです。
いつ服用しても良いものの、忘れてしまわないために、食後と定めていることがあります。
ところが、薬剤が強い場合などは、先に食べ物を口にしなければ吸収率が低下したり、副作用が生じることがあるので、用法通りに服用することが最も安心できます。
医療において、食後の飲用が好ましいとされているのは、ガンの治療薬以外には、解熱剤や痛み止めが挙げられます。
解熱剤というと、熱を下げるための薬剤なので、あまり胃に負担を与えないと考えられがちですが、比較的身体や胃に負担をかけてしまう薬剤です。
空腹時に飲んでしまうと、胃に炎症を起こしてしまう起因になるので、必ず食物を口にしてから、医療現場から処方された解熱剤を飲むようにしましょう。
当然、ガンの治療を目的とした薬は、強い作用があるので、胃に対し大きな負担になります。
空腹時に飲むと、思いもよらない副作用に見舞われることもあるので、必ず決まりを守りましょう。