成人病は40代前後から60代の人達を指し、主に脳卒中や心臓病などに加え現代社会ではファストフードやコンビニの普及からカロリーや糖質の高い食べ物で高血圧や糖尿病など急激に増えてきています。現在では生活習慣病などと呼ばれています。

全世代の人達は成人病を気をつけよう

成人病の予防対策!

成人病の予防対策は、生活習慣に配慮をすることがいちばんです。これは成人病が生活習慣病へと名称変更されたことからも理解できます。成人病と呼ばれていた頃は、それに該当する病気の発症原因は加齢だと言われていました。しかしその後、実は加齢以上にその人の生活習慣によるところが大きいと言うことが明らかになったため、名称変更が実施されたと言う経緯があります。勿論、個人差はありますが、成人病予防を心がけるのであれば、まずは生活習慣に配慮することが基本中の基本と言うわけです。では具体的にはどのようなことに気をつけたいかと言うと、主たる柱はふたつ、食生活と運動習慣です。食事においては暴飲暴食、早食いは避け、3食、できるだけ決まった時間に摂取することが求められます。また栄養バランスに気をつけつつ、糖分と塩分、脂肪分の過剰摂取は避けるようにして、逆に野菜や海藻類、良質なたんぱく質などは摂取するように心がけるのが良いとされています。食事の順番に気を付けるのも、有効な予防策です。運動は、何も激しい運動をする必要はありません。有酸素運動と呼ばれるような、運動をしながら酸素をリズミカルに取り込むことができるような運動を、1日30分程度、行う習慣を持つことが望ましいとされています。まとめて運動をするのが難しい場合は、1日の中でこまめに体を動かす習慣を持つようにすると良いです。そしてこのふたつを基本としたうえで、その他のことにも配慮すると、より予防策としては効果が期待できます。たとえば喫煙習慣がある人は、それは百害あって一利なしですから、禁煙を目指すのが良いです。飲酒は適度な量であれば健康にも良いとされていますが、飲みすぎの人はやはり影響が懸念されるので、量のセーブを心がけて下さい。またストレスは非常に体に対する負担が大きいとされていますから、あまり抱え過ぎないようにするのも予防対策のひとつです。

カロリー計算をして成人病を防ぐ!

成人病は、長年の生活習慣の乱れなどが原因で徐々に積み重なり症状として出る場合が多く、合併症などもおきやすいといわれています。また、自覚症状がでにくいため、発見が遅れることも多いのも成人病の特徴の一つといえます。
原因としては、生活習慣の乱れ、喫煙や飲酒、ストレスなどです。運動不足や睡眠不足、食生活の乱れなどにより、成人病になりやすい場合がありますので、できるだけ改善して予防をすることも大切です。適度な運動は、自身の代謝機能を高めることにもなり、体内の脂肪を燃焼させてくれるので、健康維持や肥満防止にもなるでしょう。不規則な生活をして、睡眠不足の場合には、疲労やストレスがたまりやすく、ホルモンバランスや自律神経を乱れさせる原因にもなります。できるだけ規則正しい生活を送り、睡眠をしっかりとれる生活環境を整えることも成人病の予防になるでしょう。
喫煙は、肺などに負担になり、また歯などの変色してしまう原因にもなります。その他にも、タバコの煙により周囲にいる人々にも悪影響を及ぼすため、できるだけ禁煙をすることも大切です。
また、多量のアルコール摂取も体にとって悪影響を与えることになるので、適量を守ることも大切です。
成人病を予防するには、食事がもっとも重要だといえるでしょう。暴飲暴食をしていると体に対してあまりいい影響を与えません。味付けの濃い食事などもできるだけ控えましょう。栄養バランスがとれた食事を心がけ、カロリー計算もきちんと行い、食べすぎを予防しましょう。偏食や過食にならないように、気をつけて食生活をすることが成人病の予防につながります。食事、生活習慣をしっかりと管理して、健康的な生活を意識することが大切です。

子供の成人病について

成人病は肥満や糖尿病など大人がなる病気とされますが、最近は子供でも該当することがあります。遺伝的に太りやすい体質の子供やそうでない子供も、通常は3歳~6歳になると脂肪細胞が増える傾向があり、肥満の可能性を持つようになります。この時期に成人病にならないように保護者が気を付けないといけませんまた思春期も比較的肥満になりやすい時期で、たくさんご飯を食べたり夜出歩いて遅い時間に食事をしたりすることなどが原因で、過体重から肥満の症状が現れます。内臓脂肪が蓄積されると、子供でもこうけつつや糖尿病、脂質異常症を発症します。肥満の子供は首やワキの下に黒色表皮症が見られ、糖尿病予備軍のサインとされます。悪性の肥満でなくても周りの子供より体重が重いと、自分を恥ずかしいと感じるようになったり、体を自由自在に動かすことができず、運動が嫌いになります。子供の時に肥満だと高確率で大人になっても肥満が続くので、一生成人病と向き合わなければなりません。また低出生児だと保護者がより大きくなって他の子供に追いつくようにと、たくさんの栄養を与える傾向にあります。それが原因で乱れた生活習慣が定着し、子供の時から成人病のなるケースも多いです。子供の時から適切な生活習慣を送らせるために、保護者は徹底的にサポートすることが大切です。食卓に並べる料理は大皿に入れると食べ過ぎてしまうので、小分けにして食べる量を調整します。肉料理の時は倍以上の野菜を食べるようにし、ごぼうやきのこ、海藻類などの咀嚼回数が多い食材を使うことで、満腹感を刺激します。ペットボトルに入っている清涼飲料水にはたくさんの糖分が使われているので、水分補給には水を出します。

  • 現代日本人の死因の上位を占めるものが成人病です。 これはガンや糖尿病などの総称で、生活習慣病とも呼ばれています。 成人病は規則的な生活サイクルやバランスの良い食生活、加えて適切な運動を行うことで、...

  • 社会人になり、年数を重ねるにつれ、「成人病」という言葉は他人事ではなくなってきます。 健康管理は徹底しているから全く心配ない!と断言できる人は、そんなに多くないのが現状でしょう。 日々の仕事での忙...

  • 現代人の多くは、成人病に何かしらの恐怖を抱えて生きていると言っても過言ではないでしょう。 それは誰しもが患う可能性のある病気であり、身近な人間の死因にもなっているからです。 また不規則な生活リズム...

  • 心臓病や脳卒中などはかつて成人病と呼ばれ、恐れられていましたが、現在ではそれらに糖尿病や高血圧症、動脈硬化などが合わさり、中高年だけでなく、若い年代にもその症状がみられるようになりました。その原因とし...

  • 代謝が悪くなっていると、間違いなく成人病のリスクを高めます。 代謝が悪い状態というのは、食べ物から摂取したカロリーが効率よく燃えないのです。 体脂肪を蓄積させやすい状態ですから、肥満その他の成人病...